当社は、一般財団法人日本情報
経済社会推進協会(JIPDEC)より
「プライバシーマーク」
の付与認定を受けています。
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)プライバシーマーク

当社サイトは全ページが
グローバルサイン社の
SSLサーバ証明書により
運営者情報が認証され
安心して閲覧いただけます。 SSL GMOグローバルサインのサイトシール

表紙 > 設備点検保守管理

設備点検保守管理

日常的な設備保守点検から法律で定められた定期点検まで建物のクオリティを維持するさまざまな設備点検や保守管理メニューをご提供します。

消防用設備等点検

消防法関係法令により消防用設備を定期的に点検し、点検結果を消防署へ報告することが義務付けられています。
普段は使用しない設備ですので火災時に正常に機能するか定期的に点検する必要があります。点検の結果、設備に不備等が認められた場合は修繕のご提案を致します。また、定められた期間毎に点検結果報告書を所轄消防署へ提出致します。

消火器

消防設備点検 消火器

出火を初期段階で消し止めることができます。
消火器の中には消火薬剤が充填してあり、さまざまな用途、大きさの消火器があります。

自動火災報知設備

消防設備点検 自動火災報知設備

感知器を用いて火災により発生する煙、熱を感知し受信機、音響装置を鳴動させ建物内に報知することにより、避難、初期消火活動を促す設備です。

避難器具

消防設備点検 避難器具

火災発生時、階段等で避難が困難な際に、上階層から地上へ避難するための器具です。

火災受信機

消防設備点検 火災受信機

建物内に設置されている感知器、発信器からの信号を受信し火災の発生を音響・表示により知らせるとともに地区音響装置を鳴動させ、周囲に報知する設備です。

屋内消火栓

消防設備点検 屋内消火栓

火災の初期消火を目的とした、人が操作し使用する設備です。1号消火栓は従来から使用されている消火栓でホースを全て引き出さないと放水することができないため、2名以上の人力が必要となり訓練を要します。
2号消火栓は1人で操作ができ放水量を1号消火栓より少なくし、より操作しやすくしたものです。特に旅館、ホテル、病院に設置されています。

誘導灯

消防設備点検 誘導灯

避難口と呼ばれる屋外に避難するための扉や、避難口に通じる通路を案内する誘導器具です。 非常時に誘導灯を辿っていくことで屋外へ避難することができます。

防火戸・防火シャッター

消防設備点検 防火戸・防火シャッター

火災の延焼、拡大を防止するために建物の出入口や内部の防火区画等の開口部に設ける設備です。 火災発生時、戸が自動的に閉まり火災や煙の拡散等を防ぎます。

※一部を写真でご紹介させていただきました。建物の用途、規模等により多種多様な消防設備が設けられています。
詳細につきましては、下記をご参照ください。

消防設備一覧

1. 消火器具 19. 連結散水設備
2. 屋内消火栓設備 20. 連結送水管(共同住宅用連結送水管)
3. スプリンクラー設備 21. 非常コンセント設備(共同住宅用非常コンセント設備)
4. 水噴霧消火設備 22. 無線通信補助設備
5. 泡消火設備 23. 非常電源(非常電源専用受電設備)
6. 不活性ガス消火設備 24. 非常電源(自家発電設備)
7. ハロゲン化物消火設備 25. 非常電源(蓄電池設備)
8. 粉末消火設備 25の2. 非常電源(燃料電池設備)
9. 屋外消火栓設備 26. 配線
10. 動力消防ポンプ設備 27. 総合操作盤
11. 自動火災報知設備 28. パッケージ型消火設備
11の2. ガス漏れ火災報知設備 29. パッケージ型自動消火設備
12. 漏電火災警報器 30. 共同住宅用スプリンクラー設備
13. 消防機関へ通報する火災報知設備 31. 共同住宅用自動火災報知設備
14. 非常警報器具及び設備 32. 住戸用自動火災報知設備及び共同住宅用非常警報設備
15. 避難器具 33. 特定小規模施設用自動火災報知設備
16. 誘導灯及び誘導標識 34. 加圧防排煙設備
17. 消防用水 35. 複合型居住施設用自動火災報知設備
18. 排煙設備 36. 特定駐車場用泡消火設備

 

空調機設備点検

空調機設備点検

空調機器を長く、快適に使用するためには室内外機の定期的な点検が必要です。
詳細はお問い合わせ下さい。

受変電設備点検

受変電設備点検

発電所から送られてきた電気を建物等の用途にあわせて交換するための設備です。安全に電気をご利用していただく為に定期的なメンテナンスが必要です。主任技術者等による年次点検、月次点検が義務付けられています。
詳細はお問い合わせ下さい。

エレベーター保守点検

エレベーター保守点検

専門技術者による定期的な機器点検および、建築基準法に基づく法定検査を年1回実施することが義務付けられています。
詳細はお問い合わせ下さい。

常駐設備管理/巡回設備管理

常駐設備管理

常駐設備管理は、管理員を施設に常駐させ各種設備の運転管理や日常、週間、月間点検等を実施します。また、不測の事態の対応や管球切れ対応、ドア調整等の小修繕作業を行います。
巡回設備管理は、施設を定期的に巡回し、照明設備の点灯確認や、給排水ポンプ点検、各種検針業務等を行います。
詳細はお問い合わせ下さい。